人物

山西利和(競歩)のwikiプロフ!メガネはJINSで出身は堀川高校、京大!

陸上競技の中でもマラソンより厳しい戦いを強いられると言われる”競歩”。

そんな精神力が必要な競技の金メダル候補として名を連ねているのが東京オリンピック男子競歩20キロに出場する山西利和選手です。

チャームポイントとして挙げられる眼鏡スタイルですが、実は一般的に販売されているJINSの眼鏡のようです。

”こだわらない”彼のプロフィールや高校、大学、経歴をまとめてみました!

では、早速見ていきましょう!

山西利和(競歩)のwikiプロフ!

  • 名前:山西利和(やまにし としかず)
  • 生年月日:1996年2月15日
  • 身長:164cm
  • 体重:54kg
  • 出身地:京都府
  • 所属:愛知製鋼

東京オリンピックに出場する時点で山西利和選手は25歳です。

愛知製鋼の陸上部に所属し、実業団の選手として現在活躍をしています。



山西利和(競歩)の学歴・経歴は?

競歩日本代表として君臨する山西利和選手の出身や経歴を見ていきましょう!

山西利和の出身中学校

京都府出身の山西利和選手ですが、中学は長岡京市立長岡第三中学校を卒業しています。

山西利和選手の父親はいわゆる転勤族のようで、日本各地様々なところで仕事をしていました。

そのため、長く長岡京市で生活していたわけではなく、東京や静岡での生活を経て中学校時代に京都に住んでいたようです。

出身中学校である長岡京市周辺は、非常に陸上競技が盛んなこともあり、中学では陸上部に所属しました。

ここでは競歩ではなく、長距離ランナーでした。

陸上競技を始めたきっかけは、「グラウンドを何週走ったかでマスを進められるすごろくカード」。

「継続は力なり」を座右の銘としている山西利和選手らしい理由と、コツコツ毎朝グラウンドを走る姿が目に浮かびますね!



山西利和の出身高校

中学時代から頭の良かった山西利和選手ですが、高校は、地元の京都府立堀川高校を卒業しています。

偏差値は65~72と言われており、地元では進学校として有名です。

国公立大学への進学率を2002年に大幅に改善(年間6人から100人超え)したことで名を馳せた学校でもあります。

山西利和選手が高校に進学したのは2010年になるので、その時には堀川高校は進学校として有名でした。

現在でも、全国有数の京都大学への進学率を誇り、例年50人以上が東京大学か京都大学へ進学しています!

家から通えて勉強ができる学校に進んだのは、陸上選手になるつもりは当時なかったからでしょうか。



山西利和の出身大学

山西利和選手の出身大学は、京都大学工学部理工学科を卒業しています。

高校時代から競歩で結果を出してきた山西利和選手ですが、関東の強豪校へ進学せず、地元京都大学への進学を選択しました。

山西選手
山西選手
「自宅から通えて、研究ができて、陸上もそこそこ強いから」

こんな理由で京都大学へ進学したようですが、頭が良くないとそのような選択はできないのですよね。

緻密な計算と、たゆまぬ努力の成果もあり、現役で京都大学へ進学を決めました。

素直に、すごすぎますよね。



山西利和の大会成績は?

東京オリンピックで金メダル候補として挙げられている山西利和選手の大会成績をまとめてみていきましょう!

  • 2013年世界ユース選手権:金メダル
  • 2017年ユニバーシアード:金メダル
  • 2018年アジア大会:銀メダル
  • 2019年世界選手権:金メダル

現在、世界中をみても敵のいない、まさにノリにのってる山西利和選手です!

強さの秘密は”性格”にあるのでしょうか。

心理戦もある競歩ですが、山西利和選手の戦い方から性格を読み解いていきましょう!



山西利和(競歩)の性格は?

山西利和選手は、レース中でもゲームの組み立てがものすごくうまいと評判が高い選手です。

コースの高低差やカーブ、ルートを熟知してから試合に臨み、ペースや周りのランナーを置き去りにする姿は、勝つための方程式を組み立てるガリレオの様。

自分自身のマインドコントロールができているからこそ、理想の走りを追求しながらレースを展開できるのだと思います。

レース前に試合の情報収集をして、「あらすじ」を立てて、”ここで何かが起きる”など、仮説を立てることは、学歴からもイメージが湧きますよね!



また、哲学的な姿もあります。

トップアスリートの深堀はよくありますが、過去のインタビューではこのように答えています。

「ただ人と競って勝った負けたというレベルに終始して、そこで喜んでいる、悔しがっているのでは運動会の駆けっこに近い。(アスリートは)社会の中でどのような価値、役割を持っているのか。陸上競技を通じて自分が何を生み出すか」

引用元:産経新聞

2019年の世界選手権を初めて制したときのコメントですが、痺れるものがありますよね!

表情や、所属する愛知製鋼の公式ホームページには、自分の性格を「穏やかな性格」として掲載されていますが、上述のコメントからして熱いものを持っていますよね。

愛知製鋼公式ホームページはこちら!

そうでないとこれほどまでのトップアスリートにはなれないでしょう。



山西利和(競歩)のメガネはJINS!

 

この投稿をInstagramで見る

 

時事ドットコム(@www_jiji_com)がシェアした投稿

そんなスーパーマンのような山西利和選手ですが、トレードマークのメガネはまさかの市販されてるJINSのもののようです!

衝撃的ですよね!

トップアスリートがまさかのJINS(ジンズ)。

そんな眼鏡を山西利和選手は

「レース中もズレません。僕ぐらいになると。メガネが本体なので」

「曇るのとかも、あまり気にならないんですよ(笑)」

と、あまりこだわっていない様子で笑って話していました。

眼鏡に合わせて歩いているのか、山西利和選手に合わせて眼鏡が動いているかのようなフィット感で完璧一致しながら全くブレのないフォームで競技に臨んでいることがわかりますね笑



まとめ

今回は東京2020オリンピックに競歩男子20kmに出場する山西利和選手について調べてみました!

プロフィールや学歴、経歴を見てきましたが、トップアスリートは結果も学歴もやはりすごいですね!

なにより、まさかの眼鏡がJINSだとは思ってもいなかったですが、それでもトップの成績を残しているところから”我流”と言えるのでしょう。

ということで今回は「山西利和(競歩)のwikiプロフ!メガネはJINSで出身は堀川高校、京大!」と題してお送りしました!

最後までお読みいただきありがとうございました!

×