スポーツ

【2021総体決勝】青森山田の同点ゴールはハンド?ネットの反応も!

2021年8月22日、高校総体(インターハイ)のサッカー決勝戦である米子北(鳥取)対青森山田(青森)が行われました。

米子北に先制された青森山田が後半に追いつきましたが、その時のゴールがハンドではないかと物議を醸しています。

今回は、そのゴールシーンや、そのゴールに対するネットの反応をまとめてみました。

最後までお読みいただくと今回の決勝のハイライトより少し掘り下げた話ができるようになりますよ!

では、早速見ていきましょう!

松木玖生(青森山田)のwikiプロフや経歴!出身クラブや実績も総まとめ!日本サッカー界のこれからを背負うのは久保建英でも、中井卓大でもなく、実はこの男かもしれませんね。 青森山田高校2年の松木玖生選手。...
松木玖生(青森山田)の進路は?海外やJリーグスカウトからの評価も!日本代表U-18に選出されたことや、フランスの強豪リヨンへの練習参加を機に一層の注目が集まっている松木玖生選手。 日本サッカー界を...

【2021総体決勝】試合結果

2021年総体(インターハイ)決勝は、延長戦の末、2対1で青森山田が優勝しました。

青森山田(青森) 2-1 米子北(鳥取)
0(前半)1
1(後半)0
0(延長前半)0
1(延長後半)0

【米子北】

前半10分 PKを獲得し、エース佐野航大選手がきっちりゴールを決めました。

【青森山田】

後半34分 藤森颯太がセンタリングに合わせる格好で決めました。

この時の得点がハンドではないかと言われています。

その後、延長後半10分ラストワンプレーでコーナーキックからヘディングで丸山大和が決め、2-1で青森山田が優勝となりました。

高校サッカーは前後半35分、延長前後半10分となります。

そのため、青森山田が1点目を決めたのも後半終了間際。

ギリギリで延長戦に持ち込み、PKになる直前で優勝となりました。



【2021総体決勝】青森山田の同点ゴールはハンド?

今回、問題となっている映像が早速Twitterに流れていたため、見てみましょう。

TVで流れていた映像はこちらになります。

しかし、別の角度で映像も撮られているため、こちらも見てみてください。

少し映像が醜いですが、右腕に当たっていますね。

ハンドの定義として、過去とは異なり”当たったらハンド”というような考え方に昨今変わってきています。

ざっくりいうと、当たってしまったらハンド、故意に触ったらイエローもしくはレッドカードと、そんな感じなのです。

だとすると今回のゴールはプロのようにVARがあったらノーゴールとなっていたことでしょう。

ですが、逆にこれがゴールになるのが高校サッカーらしくて良さでもあるのだと思うのですが。



【2021総体決勝】青森山田の同点ゴールに対するネットの反応は?

Twitterでこの同点ゴールに対する反応を調べてみました。

やはり多くの方が興味を持っているようですね!

インターハイサッカー
米子北 準優勝おめでとう!しかし後半残り数分での 青森山田の同点ゴール 完全にハンドだろ!
VARがあれば完全にノーゴール延長後半のアディショナルタイムも、0分なのに1分過ぎての青森山田のゴール。ほんと意味わからん。。。米子北イレブンが可哀想だ。。。

個人的には青森山田インハイ優勝おめでとう!かな。

で、同点弾ハンドの話ね。
「リプレイを見れば」ハンドだったかなとは思うし、
米子北の選手は少し可哀想だとも思うけど、
VARがない以上は仕方ないんじゃない?って感じ。
審判がハンドを取れなかったんだから仕方ない、としか…残酷だけどね。



青森山田の同点ゴールはハンドで無効のような気がするのはボクだけかな…

青森山田優勝したみたいだけど、これ同点ゴールハンドだよな
米子北の選手もそれに対してかはわからんけど手を挙げてるけど1人だったからスルーされたか?

 

青森山田の同点ゴールは素人的にハンドに見えたけど、テレビで見てるからわかっただけで、審判や相手チームもわからなかったから仕方ないのでは( ˙-˙ )



青森山田のゴールが実はハンドだった件について。手に当たってたとするならば、偶発的であろうが、体にくっついていようがハンド。本来ならハンドで、故意ならばイエローカードという場面でした。

 

IH決勝 青森山田2-1米子北⚽
最近いつも優勝目前に悔しい思いをしてきた青森山田が優勝
延長終了間際のゴール素晴らしかった。ただ、同点ゴールに関してはVARがもし導入されてたらハンドでしたな
故意でないにせよ腕に当たってボー軌道が変わってそのままゴールインしてますな


【2021総体決勝】青森山田の決勝ゴール映像

別の角度(ゴール側)で撮影されていたものもあるので、こちらもどうぞ。

ちなみに、試合開始早々の前半4分にはファールになったものの、青森山田の10番松木玖生がネットを揺らしていました。



同点ゴールがハンドの判定にはならず、最終的には青森山田が優勝となった2021年総体(インターハイ)。

ハンドか否かで議論することも必要だと思いますが、両校ともに全力でプレーしてこの舞台までたどり着いていることが素晴らしいことだと思います。

冬の選手権までにそれぞれのチームがどのように進化してくるのか、今から楽しみですね!

ということで今回は「【2021総体決勝】青森山田の同点ゴールはハンド?ネットの反応も!」と題してお送りしました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

松木玖生(青森山田)のwikiプロフや経歴!出身クラブや実績も総まとめ!日本サッカー界のこれからを背負うのは久保建英でも、中井卓大でもなく、実はこの男かもしれませんね。 青森山田高校2年の松木玖生選手。...
松木玖生(青森山田)の進路は?海外やJリーグスカウトからの評価も!日本代表U-18に選出されたことや、フランスの強豪リヨンへの練習参加を機に一層の注目が集まっている松木玖生選手。 日本サッカー界を...
×