スポーツ

久保建英の年俸推移2021!移籍金や市場価値、今後の展望も徹底調査!

東京オリンピック2020でサッカー日本代表のファーストゴールを飾った久保建英選手。

最高のファーストタッチから切り込み、左足でシュートを決める得意の形でゴールを決めました。

9歳からバルセロナの下部組織でプレーしている彼の年俸について

ネコ
ネコ
  • プロになってからの年俸推移を知りたい!
  • FC東京、レアルマドリード、ヘタフェ、マジョルカ、ビジャレアル、様々なクラブを歩きわたっているけど、その時の年俸や移籍金は?
  • 今後の年俸はどうなる?

このような疑問や思いを解決します。

では、早速見ていきましょう!

久保建英のクラブ経歴まとめ!

まず、年俸推移をみる前に、久保建英選手が所属していたクラブの経歴をまとめてみました!

  • 生年月日:2001年6月4日
  • 2008-2010年:東京ヴェルディサッカースクール
  • 2010-2011年:川崎フロンターレU-10
  • 2011-2015年:バルセロナ
  • 2015年:FC東京U-15むさし
  • 2016-2017年:FC東京U-18
  • 2016-2018年:FC東京U-23
  • 2017年:FC東京(プロ契約)
  • 2018年:横浜F・マリノス
  • 2019年:FC東京
  • 2019年:レアル・マドリード
  • 2019-2020年:マジョルカ
  • 2020-2021年:ビジャレアル
  • 2021年:ヘタフェ

9歳でスペインのバルセロナに所属していた日本の宝は、現在、レアルマドリードに所属しながら、レンタル移籍でスペインの強豪ヘタフェに所属しています!

2017年11月1日にFC東京とプロ契約を締結したことから、プロとしてのサッカー人生を始めたため、それ以降の年俸推移を見ていきましょう!


久保建英の年俸推移2021!

2021年7月現在、プロになってから所属したチームは、上述のとおり7チームあります!

それぞれのクラブでどのように年俸が変遷していたか、まとめてみました!

海外移籍後、年齢も20歳を超えたところから急上昇していることがわかりますよね!

具体的な金額は以下のとおりです。

  • 2017年:700万円
  • 2018年:700万円
  • 2019年:700万円
  • 2020年:約2億4600万円
  • 2021年:約3億8000万円

2020年、2021年シーズンは海外でプレーしており、その際の為替市場の関係もあり”約”をつけています。

詳しくそれぞれのクラブでどのような年俸であったのか見てみましょう!



FC東京(2017-2019年)

2017-2019年シーズンに所属していたFC東京。

入団当時から離脱までの期間の年俸は700万円でした。

16歳でトップチームに加入し、18歳まで所属していたことを考えると相応の金額だと考えます。

2018年には出場機会を求めて、横浜F・マリノスにレンタル移籍して実戦を積み上げましたが、年俸は据え置きでした。

2019年シーズン途中にレアルマドリードへ移籍します。

その時の移籍金(FC東京からレアルマドリード)はゼロでした。



レアルマドリード(2019-)

ユース時代は、バルセロナの下部組織に所属していたこともあり、ライバルであるレアルマドリードへの移籍は大きな話題となりました。

このタイミングでレアルマドリードを選択したことで、久保建英選手の年俸は約2億4600万円と一気に大幅アップを図りました。

FC東京からの移籍を考えた際、バルセロナからももちろん声かけがあったようです。

しかし、その時バルセロナが提示した金額は約3070万円。

ライバルに対して8倍以上もの差をつけた金額を提示してきたレアルマドリードへ活躍の舞台を変えました。

トップチームでの出場もありましたが、更なる出場の機会を求めてマジョルカへのレンタル移籍を決めました。

その時の移籍金(レアルマドリードからマジョルカ)はゼロでした。



マジョルカ(2019-2020年)

スペインの1部リーグへ戻ってきたばかりのマジョルカで十分な存在を発揮した久保建英選手の年俸は、レアルマドリード在籍時と変わらず2億4600万円。

シーズン後半は、日本のスポーツニュースでも毎週取り上げられるほどの注目ぶりでした。

しかし残念ながらチームは同シーズンに降格。

救世主とまではなれず、ビジャレアルへレンタル移籍します。

その時の移籍金(マジョルカからレアルマドリード)はゼロでした。



ビジャレアル(2020-2021)

この時の年俸が今の選手生活では最も高いと言われています。

その金額は3億1000万円。

日本人アスリートとして10代で初めて年俸3億円を突破したことで大きな注目を浴びました。

ちなみにFCバルセロナのリオネル・メッシは18歳で年俸300万ユーロ(約3億7000万円)を記録しており、当時からチーム内で確固たるポジションを獲得していました!

なお、当時の移籍金(レアルマドリードからビジャレアル)は250万ユーロ(約3億円)でした。



ヘタフェ(2021)

チームの戦術とマッチせず、ベンチに座ることが増えています。

そんな状況下の気になる年俸は、2億8000万円。

ビジャレアル在籍時と比べて少し下がりましたが、プレーで巻き返すにもなかなか出場の機会も得られず、今シーズン終了後はチームを変えることが予想されています。



久保建英の年俸は今後どうなる?

現在までに所属したクラブとそのクラブでの年俸を紹介してきました。

今後の久保建英選手の年俸はどうなるのか考えてみましたが、以下の条件で大きく上振れする可能性が高いと考えます。

  • 東京オリンピックで結果を残せるか
  • 東京オリンピック終了後にチームに好影響をもたらすことができるか
  • レアルマドリードに認められるか

東京オリンピックで名実ともに”日本の中心”となれば、世界中が注目するこの機会にさらに名を馳せることができます。

また、籍のあるレアルマドリードに認めてもらえるかが大きな分岐点になると考えます。

その結果次第では、現在の10倍である年俸30億円も射程圏内にあるように思います!

クリスティアーノ・ロナウド選手の2021年シーズンの年俸が約39億円と言われていますが、 同じビッグクラブに所属している選手なので、今後も注目していきたいですね!



久保建英の市場価値は?

着眼点を少し変えて、久保建英選手の市場価値はどのように推移しているのでしょうか。

年俸と同じように右肩上がりになっているのでしょうか?

詳しく見ていきましょう!

  • 2019年7月:FC東京 約2億4000万円
  • 2019年9月:レアル・マドリード 約12億円(マジョルカレンタル移籍中)
  • 2019年12月:レアル・マドリード 約18億円(マジョルカレンタル移籍中)
  • 2020年4月:レアル・マドリード 約17億円(マジョルカレンタル移籍中)
  • 2020年7月:レアル・マドリード3000万ユーロ 約37億円
  • 2021年1月:レアル・マドリード 約25億円(ビジャレアルレンタル移籍中)
  • 2021年3月:レアル・マドリード 約19億5000万円(ヘタフェレンタル移籍中)

久保建英選手の市場価値は、右肩上がりではないものの、この2年間で大きく変わりました。

ピークはFC東京在籍時と比べて約15倍にも跳ね上がっています。

まだ20歳と若いこと、ユース時代からビッグクラブでの経験を積み重ねていることなど将来性を見据えてこれからもどんどん伸びていくでしょう!



まとめ

日本を代表するサッカー選手である久保建英選手。

FC東京でプロデビューしてから、2021年のヘタフェ在籍までの年俸推移や市場価値、移籍金についてまとめてきました。

今後の年俸が爆発的に上昇するための1つのポイントとして、東京オリンピック2020での活躍があると思います。

そういった点では、日本代表のファーストゴールを決めたり、豊富な運動量で縦横無尽に駆け回るなどで注目は集まっています。

これからもビッグな選手になっていくであろう久保建英選手から目が離せませんね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

×