スポーツ

大谷翔平は無趣味?ストイックすぎる生活や笑顔の裏側とは?

二刀流で日本だけでなくアメリカでも一世風靡している大谷翔平選手。

野球に真面目な姿が印象的な彼ですが、「趣味は野球」というほどストイックな生活を続けています。

しかし、その報道は本当なのでしょうか。

さすがに息抜きに趣味をはじめとした野球以外のことをやっているのではないかと調べてみました!

最後までお読みいただくと、大谷翔平選手のすごさがわかります!

では、早速見ていきましょう!

大谷翔平は無趣味?

野球熱心な大谷翔平選手ですが、趣味はあるのでしょうか。

ストイックなことで有名な大谷翔平選手ですから、オフにも練習をしているではないでしょうか。

実際のところどうなのでしょうか、ご紹介します。

調べたところ最近の趣味はゲームでした。

自宅でプレイステーションのシューティングゲームを通訳の水原氏や親しいチームメイトとやっていることが分かりました。

あのストイックな大谷翔平選手が無邪気にゲームしている姿を想像するとかわいいですね。



ゲームといえばあの国民的スターの嵐、二宮和也とも野球ゲームで戦っていました。

その時は見事勝利したみたいですが、無邪気な笑顔でゲームを楽しむ姿が試合のときとのギャップにキュンとする人も多いでしょう。

ゲームの腕前はあまり上手ではないようです。

非の打ち所がない大谷翔平選手にも苦手なことがあってちょっとだけ安心しました笑

楽しそうな笑顔、見ているこっちも癒されますね!



️大谷翔平がストイックすぎる!

2021シーズンを見てみると、歴史に名を刻む成績を多く残していますよね。

そんな大谷翔平選手が野球に関してストイックなのは想像できますし、プロとして活躍する以上、当たり前のことなのかもしれません。

しかし、大谷翔平選手がストイックなのは、野球だけではありませんでした。

衝撃過ぎる2つの話があります。

お小遣い1万円

月のお小遣いはなんと100ドル(約1万1000円)です。

本当にプロ野球選手なのかというぐらいのお小遣い金額です。

基本的には野球場と自宅の往復を繰り返す日々ですし、基本的にはご飯も飲み物もチーム側が支えてくれています。

とはいえ、100ドル・・・衝撃的ですよね。

それでも生活が成り立つ理由は、報道陣から身を守るためにも必要以上の外出は控えているからでしょうか。

現地での二刀流評価は非常に高く、まさにスーパースターです。

そんなスーパースターのスクープを狙うパパラッチや報道陣も多いことは安易に想像できますよね!

何かあった時にチームや自分に跳ね返ってくる影響の大きさを自負しているのか、あまり外に出歩くこともないようです。



食事制限

試合で活躍して頑張った自分のご褒美として、美味しい食事を摂りたいものです。

しかし、大谷翔平選手は毎日のトレーニングと別で食事を制限したことにより、あの強靭な肉体を手にしました。

クラブハウスのメニューは豊富ですが、遠征地で実際に選手のプレートを見るとチキンやステーキなど肉が中心です。

大谷翔平選手は日本時代から独自に受けてきた食事指導をもとに、数あるビュッフェのメニューから栄養を計算し取捨選択しています。

自分の身体を最大限、調子のいい状態に持っていけるように食事制限していることにトップアスリートとしての意識とストイックさが分かりました。



大谷翔平の笑顔まとめ

大谷翔平選手といえば甘いマスクが世の中の女性を虜にしています。

試合中の真剣な表情とは一変して笑顔な表現が印象的です。

選手からも愛され、選手の家族からも愛され・・・
日本からアメリカに行った選手の中で、最も有名な人と言っても過言ではないでしょう。

試合中でも笑顔を絶やしません。
そんな姿勢が素晴らしいですよね!



 

この投稿をInstagramで見る

 

Shohei Ohtani(@shotime_ohtani)がシェアした投稿

成績に追われるだけではきっとこの笑顔は出ませんよね。
心底野球を楽しんでいるように見えるのは私だけではないと思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

potatohtani(@potatohtani)がシェアした投稿

日本ハム時代からこの笑顔!
すっかりエンゼルスのユニフォームが似合ってしまっていますが、日本ハムのユニフォームもめちゃくちゃ似合ってましたよね~!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Takako(@taka7302a17)がシェアした投稿

この膨大な量のユニフォームにサインをするのは絶対疲れますよね。
それでも笑顔を絶やさない、大谷翔平選手の人間性が垣間見えているような気がします。



大谷翔平の笑顔の裏側は?

大谷翔平選手の笑顔の裏側には怪我との葛藤と復帰までの努力がありました。

剛腕投手であるからこそ身体にかかる負担が大きいです。

大谷翔平選手が負った怪我は靭帯の損傷です。

靭帯の損傷にも程度があり、大谷翔平選手は損傷レベル3段階あるなかのレベル2にあたります。

2018年に怪我をし、トミー・ジョン手術を受けたあとに元の投球ができるようになるまでにとてつもないトレーニングを繰り返しました。

2020年に投手復帰して2試合登板するも再度、怪我に苦しみました。

シーズンオフにはシーズン中よりもハードなトレーニングをして肉体改造、投手復帰を実現させました。

メジャーにいって2021年シーズンが初めて大谷翔平選手らしいプレーができているのではないでしょうか。

怪我に苦しみ、手術に苦しみ、それでもずっと一生懸命プレーするための準備をしてきたからこそ今があるのだと思います。

笑顔の裏側には、やはり「準備」があり、それを「継続」しているからこそ今の充実した姿があるのでしょう!



まとめ

今回は「大谷翔平は無趣味?ストイックすぎる生活や笑顔の裏側とは?」と題してご紹介しました。

試合とは違う角度からみた大谷翔平選手をご紹介しましたが調べていて新たな一面を知ることができ、男女年齢とはず虜になる人が多い理由が分かりました。

やはり、四六時中野球のことを考えている大谷翔平選手でした!

そんな姿が格好いいですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

×