サッカー

南野拓実の年俸推移とリバプール同僚の年俸一覧で比較!

最近は海外の一流クラブに在籍する日本人選手もちらほらと出てきました。その中でも今回はイングランドプレミアリーグの名門リバプールに所属する南野拓実選手について取り上げていきます。

プレミアリーグと言えば2021年リーグランキングで世界1位のサッカー界におけるトップリーグです。頂点に君臨するリーグは流れるお金も巨額であると想像できますね。

その中でも超名門であるリバプールでプレーする南野選手や同僚たちはどれくらい稼いでいるのでしょうか?

南野選手の経歴と共に年俸の推移も調べてみましょう。

【2022】プレミアリーグの試合放送を視聴する方法を解説! サッカー界において現在世界で最も熱いリーグといえばイングランドプレミアリーグではないでしょうか? 日本人ではアーセナルの冨安健洋...

南野拓実のプロフィール

  • 国籍:日本
  • 生年月日:1995年1月16日(27歳)
  • 出身地:大阪府泉佐野市
  • 身長:174cm
  • 体重:67kg
  • 在籍チーム:リバプールFC
  • ポジション:FW
  • 背番号:18
  • 利き足:右




 南野拓実の経歴と年俸推移

プロ入り前

小学生時代はゼッセル熊取FCに所属していました。当時のチームメイトに室屋成もいました。

中学入学と同時にセレッソ大阪U-15へ入団しました。その後は順調にU‐18、トップチームと昇格を果たしています。

セレッソ大阪(2012~2014)

https://twitter.com/J_League/status/1085513271149391872?s=20

2013年にトップチームへと昇格を果たすと、柿谷曜一朗選手からから背番号13番を引き継ぎました。

第1節のアルビレックス新潟戦からスターティングメンバーに抜擢され、高卒ルーキーとしてはクラブ史上初の開幕スタメン入りを果たします。

第14節のジュビロ磐田戦で18歳5ヶ月20日という若さでリーグ戦初得点を記録し、大久保嘉人氏が保持していたクラブのJ1最年少得点記録を更新しました。

ルーキーでありながらチームの主力として公式戦38試合8得点という結果を残し、Jリーグベストヤングプレーヤー賞を受賞しました。

シーズン 年俸 成績
2012年 360万円 5試合1得点0アシスト
2013年 360万円 38試合8得点5アシスト
2014年 1000万円 42試合8得点4アシスト

レッドブル・ザルツブルク(2015~2019)

Jリーグでの活躍が認められて2015年1月にオーストリア・ブンデスリーガのFCレッドブル・ザルツブルクに完全移籍を果たしました。

当時のレッドブル・ザルツブルクにはあのアーリング・ブラウト・ハーランド選手や韓国代表のファン・ヒチャン選手といった豪華なメンバーが揃っていました

リーグ第23節FCアドミラ・ヴァッカー・メードリング戦で2ゴールを決め、移籍後リーグ初ゴールを記録しました。

シーズン途中での加入でありながらしっかり適応して2014-2015シーズンのリーグ優勝に貢献しました。

2015-2016シーズンはリーグ戦10得点を挙げてこのシーズンのリーグ優勝に貢献、さらに2016-2017シーズンも2桁得点を挙げるなどザルツブルクの主力としての地位を確固たるものにしていきました。

そして2019年10月3日のチャンピオンズリーグGS第2節の前回王者であるリバプール戦で1ゴール1アシストの活躍を見せたことがリバプールへの移籍のきっかけとなりました。

シーズン 年俸 成績
2014-2015 2500万円 17試合3得点3アシスト
2015-2016 3000万円 40試合13得点6アシスト
2016-2017 5800万円 31試合14得点4アシスト
2017-2018 1億3300万円 44試合11得点10アシスト
2018-2019 1億3300万円 45試合14得点10アシスト
2019-2020 22試合9得点11アシスト

リバプールFC

2020年1月プレミアリーグのリヴァプールFCに加入しました。契約期間は4年半となっています。

気になる年俸はなんと約5億9200万円!さすがはプレミアの名門ですね。そして南野選手への期待を感じられる額となっています。

南野選手は2020年1月5日のFAカップ3回戦のエヴァートンFC戦で移籍後初出場、1月23日のプレミアリーグ第24節ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC戦で負傷したサディオ・マネとの交代でプレミアリーグ初出場を果たしました。

サブとしてではありますが、このシーズンリヴァプールは30年ぶりのリーグ優勝を果たして南野選手は日本人4人目のプレミアリーグ優勝経験者となっています。

因みにこのシーズンはプレミア優勝ボーナスとして約5億7000万円が出ているので基本年俸と合わせると10臆超えということになります。

2021年2月にシーズン終了までの契約でサウサンプトンへとレンタルに出されました。このときリバプールが買取オプションを付けなかったことで南野選手に対する期待が表れていました。

それは逆に言うと南野選手のサウサンプトンでの立場を難しくするものでもありました。正式に加入する可能性のない選手を主力とすることはサウサンプトンにとってもリスクがあるからです。

年俸についてはサウサンプトン加入時も保有元はリバプールであることから変化なしとみられています。

シーズン 年俸 成績
2019-2020 5億9200万円 13試合0得点0アシスト
2020-2021 5億9200万円 27試合6得点1アシスト
2021-2022 5億9200万円 24試合10得点1アシスト




リバプール所属選手年俸一覧

フィルジル・ファン・ダイク(DF) 17億3,600万円
モハメド・サラー(FW) 15億7,900万円
ティアゴ・アルカンタラ(MF) 15億7,900万円
トレント・アレクサンダー=アーノルド(DF) 14億2,100万円
ファビーニョ(MF) 14億2,100万円
ロベルト・フィルミーノ(FW) 14億2,100万円
アリソン・ベッカー(GK) 11億8,400万円
ジョーダン・ヘンダーソン(MF) 11億500万円
ジェイムズ・ミルナー(MF) 11億500万円
ナビ・ケイタ(MF) 9億4,700万円
アレックス・オックスレイド=チェンバレン(MF) 9億4,700万円
ジョエル・マティプ(DF) 7億8,900万円
サディオ・マネ(FW) 7億8,900万円
ディオゴ・ジョッタ(FW) 7億1,300万円
ジョー・ゴメス(DF) 5億9,200万円
南野拓実(FW) 5億9,200万円
イブラヒマ・コナテ(DF) 5億5,600万円
ナサニエル・フィリップス(DF) 5億1,000万円
コスタス・ツィミカス(DF) 4億7,400万円
ディボック・オリギ(FW) 4億7,400万円
アドリアン(GK) 4億5,800万円
アンドリュー・ロバートソン(DF) 3億9,500万円
ネコ・ウィリアムズ(DF) 1億9,700万円
ハーベイ・エリオット(FW) 1億6,600万円
カーティス・ジョーンズ(MF) 5,900万円
クィービーン・ケレハー(GK) 4,700万円
カミル・グラバラ(GK) 3,900万円

さすがは超名門といった感じですね、平均すると非常に高額です。実に9名の選手が10億円の大台を超えているのもすごいですね。

スタメンや主力たちの年俸が高額なのはもちろん、ベンチ入りメンバーくらいまでは基本的に5億は下らないということになります。

約6億円近い年俸を得ている南野選手ですら下から数えたほうが早いというのもこのチームの大きさを物語っていますね!




まとめ

今回は南野選手の経歴や年俸推移と合わせてリバプールの同僚たちの年俸も見ていきました。

南野選手は2012年に年俸360万円でスタートしたキャリアがわずか7年後の2019年には約6億円に大幅な年俸UPを果たしています。

現状リバプールでは苦戦していると言わざるを得ませんが、世界最高峰のクラブで切磋琢磨した経験は今後必ず活きることでしょう。

南野選手の今後ますますの活躍を期待しましょう!

【2022】プレミアリーグの試合放送を視聴する方法を解説! サッカー界において現在世界で最も熱いリーグといえばイングランドプレミアリーグではないでしょうか? 日本人ではアーセナルの冨安健洋...

(ナイキ)NIKE/21/22リバプール/ホーム/半袖/南野/プレミアリーグバッジ付/DB2560-688

価格:19,580円
(2022/5/23 21:13時点)

関連記事