人物

新一万円札はいつから交換可能?発行開始時期や両替方法も!

2019年に麻生太郎財務相が発表した日本円札の刷新。

少し前の話題となり、忘れてしまっていた人も多くいるのではないでしょうか。

実は日本円札の刷新は2004年以来の約20年ぶりとなります。

今回はその新しい紙幣をいつから交換できるのか、また発行開始時期や両替方法についても詳しく調べてみましたので、紹介していきます!

この記事のまとめ

新紙幣が流通開始するのは2024年の上半期(4~9月)予定
2021年9月1日から新一万円札の印刷がスタート
金融機関や郵便局などで新紙幣への両替が可能と思われる

新一万円札はいつから交換可能?

さて、話題になっている新一万円札ですが、いつから交換可能になるのでしょうか。

具体的な日にちは現在未公開となっておりますが、政府は2024年の上半期(4~9月)からの使用開始を予定しています。

新札を手に入れることで嬉しい気持ちになったり、ゾロ目を狙って付加価値を生むようなことも予想されますが、何より新しい気持ちになることが非常に楽しみですね!

ちなみに、何故新紙幣を使用すると発表したのが2019年4月で実際に使用開始が2024年になるかというと、

  • 紙幣の印刷を開始するまでに2年半を要する
  • 世の中のあらゆる機械(ATMや駅のチャージ機、自動販売機など)を対応させるのに2年半を要する

と言われています。

話題性が出てくればもっと身近に感じることができ、親しみを持てるのですが執筆時点であと2年後と、どうしてもまだ先が長いように感じてしまいますね。




新一万円札の発行開始時期は?

実はこの記事を投稿している2021年9月1日から新一万円札の印刷がスタートしています!

なんだか急に身近に感じていますが、ここから2年半かけて印刷することで日本中に一気に新しい「渋沢栄一」さんのお札が出回ることになるのですね!

ちなみにですが、今回のお札、変わったのは描かれている人物だけでないことはご存じですか?

  • 後述する最新のホログラムが導入されたこと
  • ユニバーサルデザインが導入されたこと

紙幣においても誰もが使いやすいようにと、ユニバーサルデザインが導入されました!

どのような内容かというと、まず「10,000」「5,000」「1,000」の文字が大きくなっています。

他にも3種類の紙幣の色を変えた(新一万円札は茶、新五千円札は紫、新千円札は青)ことで、見分けにも工夫を取り入れました!

日本の技術だからできることの1つですね!




新一万円札の両替方法は?

実際に自分の手元にくるのはいつ頃になるのでしょうか。

また、最短で手に入れようとした場合、どのような方法で手に入れることができるかですが、もう少し先になってみないと詳細は分かりませんでした。

しかし、金融機関での両替はもちろん、記念硬貨を取り扱う日本郵政(郵便局)でも素早く交換することはできると想定されます!

新紙幣になることでコロナの停滞した経済が少しでも回るようになんとかいい方向に進んでいくといいですね!




新しい日本円紙幣の図柄紹介!

引用元:日本経済新聞

新一万円札の図柄は渋沢栄一、新五千円札は津田梅子、新千円札は北里柴三郎になります。

皆さんは、それぞれの方が、どんな功績を残された方かご存じですか?

詳しくは別記事でまとめましたので、是非ご覧ください!

ちなみに、新一万円札には3Dホログラムが施されており、見る角度によって目が動くと言われています。

このような紙幣は世界中を見ても新しい技術であり、銀行券への採用はなんと世界初!

注目も集まっています。早く自分の手元に置いて、見てみたいですよね!





 

まとめ

ここまで新一万円札についてまとめてきました!

新紙幣情報をまとめると以下のとおりです!

この記事のまとめ
  • 新紙幣が流通開始するのは2024年の上半期(4~9月)予定
  • 2021年9月1日から新一万円札の印刷がスタート
  • 金融機関や郵便局などで新紙幣への両替が可能と思われる

様々な人の思いが多く詰まった紙幣であることをお判りいただけましたでしょうか。

ということで今回は「新一万円札はいつから交換可能?発行開始時期や両替方法も!」と題してお送りしました。

最後までお読みいただきありがとうございました!