スポーツ

大谷翔平の血液型はB型!そこから見える性格や活躍の背景とは?

今や、ニュースのスポーツコーナーに欠かすことのできない大谷翔平選手。

各TV番組がこぞって「SHOW TIME」と題して報道していますよね!

今回注目したのは、その大谷翔平選手の血液型です!

ネコ
ネコ
  • 大谷翔平選手はB型だけど、どんな性格なの?
  • 大谷翔平選手の血液型と活躍って紐づくのかな?

と、こんな疑問をお持ちではないでしょうか?

「血液型とプレーはさすがに関係ないでしょ」と思われる方、最後までお読みいただくと、意外なつながりもあるようですよ!

では、早速見ていきましょう!

大谷翔平の血液型はB型!

大谷翔平選手の血液型はB型です。

あの大きな体や優しそうな表情からは想像もできないようなメンタルの強さはB型ならではのものと言ってもいいでしょう。

チャンス時の打率や、ピンチを迎えた時のマウンドでの表情からして、心臓に毛が生えているくらい度胸がありますよね。

また、微々たることでは動じないメンタルの強さはB型のよさでもあります。

ここで1つ特徴的だったプレーを紹介します。

2021年6月12日ですが、自打球で右ひざに思いきりボールが当たりました。

しかし、その打席でしっかり右中間へタイムリーツーベースを放つという超人的な結果を残しています。

ちなみにですが、この日、投手としても登板しており、2つのボーク判定がなされました。

本人は全く納得いっていなかったですが、審判に無駄に抵抗はしません。

「審判のジャッジが絶対だ」という強い気持ちがあるからこそ平常心で投げ続けることができるのでしょう。

※試合後のインタビューで少し愚痴ってたのはご愛嬌ということで・・・




大谷翔平の血液型から見える性格とは?


少し話がそれてしまいましたが、大谷翔平選手の血液型に話を戻しましょう。

大谷翔平選手の血液型はB型でしたよね!

ネットでB型の特徴を調べてみたら、以下のような検索結果が出ました!

1. こだわりが強く独自の世界感を持っている
2. 嫌なことははっきりと主張する
3. 気持ちの切り替えが早い
4. 1人の時間が大好き
5. 好奇心が旺盛で、多趣味
6. ポジティブ思考で楽観的
7. 意外と寂しがりや
8. やりたいと思ったことは即行動
9. 親しくなるほど、ドライな付き合い方になる
10. 規則やルールに従って動くことが苦手
11. 得意なことや好きなことは几帳面になる
12. 人を動かすよりもまずは自分がやる
13. 多様性を受け入れる器を持っている

引用元:smartlog

1つずつ、大谷翔平選手に当てはめていきましょう!

こだわりが強く独自の世界感を持っている

こだわりが強くないと二刀流なんという別次元の挑戦はしませんよね!

それに、どれだけくじけても、自分自身の芯がしっかりしていることから、結果が出るまでストイックにやり続けられるのでしょう!

目標を達成するためにはこまかなところまで強いこだわりを徹底しているようですね。

嫌なことははっきりと主張する

優しい顔立ちからあまり該当しない気もしますが、トップアスリートになるためには嫌なことは嫌と言えないといけないですよね。

それこそ、自分の芯になる部分を妨げるような主張を相手がした場合には、断ることはあるでしょうし、言い方を変えると自分の気持ちが強いということにも繋がりますね!

気持ちの切り替えが早い

上述のとおり、自打球の後、それを引きずることなくしっかり打席に立ってタイムリーにつなげるのは相当なメンタルの強さがありますよね。

それに加えて、こういった状況になってからでも気持ちを切り替えることが上手なので結果を出し続けることができていると言えるでしょう。

また、2021年シーズンで継続的に結果を出し続けられていますが、「昨日と今日は別の日」というマインドをしっかり持っていることがわかりますよね!

何となくで次の日を迎えるのではなく、嫌な流れを断ち切ることが上手いのも特徴的ですね!

1人の時間が大好き

プライベートまですべての生活を知っているわけではないので何とも言い切れませんが、筆者も含めて周りにいるB型は1人の時間が大好きです笑

大谷翔平選手の場合、野球1本ということもあり普段は外出すらあまりしないという徹底ぶりです。

その背景には1人の時間を有意義に過ごすことができているからであるということが言えそうですね!

好奇心が旺盛で、多趣味

「いつでも、どこでも野球を観ている」というプロ選手の鏡のような趣味があるようです。

多趣味ではないものの、自分以外の投手や打者の映像を見ることで研究したり自分の糧にしているようです。

この項目に当てはまるとすれば、大谷翔平選手の場合はすべて「野球に繋がる」好奇心や趣味ということになりそうですね。

ポジティブ思考で楽観的

高校時代のマンダラートに書かれた字の形や過去、現在の表情から読み解く範囲だと間違いなくポジティブですね。

前向きでないと文字は起きないですし、マンダラートを作成するときに思うことの1つとして「気持ちは文字数に表れる」ということです。

また、多少楽観的でないと二刀流の中でもどちらかの成績に引っ張られてしまいそうですし、多忙を極める中にも楽観的な性格があるからこそ、今の実績を残していると考えることが出来そうですね!

意外と寂しがりや


上の画像は、メジャーでホームランを打った後のワンシーンですね!

チームの仲間にスルーされて、ねえねえと声をかけたのは有名ですが、こんなところからも寂しがりや?と言えるでしょうか。

というか、幸せなチームメイトに囲まれているなぁと思うのと同時に、日本でも同じような風潮ができるともっと楽しいのになと思ったりしますね。

やりたいと思ったことは即行動

B型あるあるなのかもしれませんが、即行動は特徴的ですね。

大谷翔平選手も即行動に移すタイプのようです。

これは、キャッチャーがタイムを取ったことに気づいていなかったピッチャーに対して気づかせるための動作です。

試合の最中にピッチャーにこのような格好で手を振る選手は見たことがありません。

優しさなのか余裕があるからできるのかわかりませんが、必要と思った行動はすぐにとることがわかりますね!

親しくなるほど、ドライな付き合い方になる

大谷翔平選手がドライな付き合い方をしているとは思いませんが、B型の特徴としてこれは挙げられますよね!

プロ野球選手としての行動はドライではないものの、実はプライベートで付き合いのある方には結構ドライなんて言うこともあるのでしょうか?

今のところ、ファンから「対応が冷たい!」なんて声を聴いたことはないですし、同僚などからも「ドライだなぁ~」なんてことは上がってきていないですね!

こんな声が上がったらきっと話題になると思いますので、その時は是非紹介しますね!

規則やルールに従って動くことが苦手

いい意味で、大谷翔平選手にとってこれが最大に当てはまる気がします。

今までのプロ野球では、ピッチャーでホームランダービーに登場することはあり得ませんでしたよね。

打者でも投手でも結果を残すことは非常に難しいプロの世界でそのルールを変えてしまった男なのですから、今までの野球界では見たことのないルールで大谷翔平選手は活躍しています。

そこに規則やルールは前例がなく、「2番・投手」というのは異例の話です。

礼儀や作法はあるものの、規則やルールに従っているかと言われると「はい」とは言い難いですね笑

得意なことや好きなことは几帳面になる

「野球人生」と掲げ、好きなことに没頭する姿は、多くの人に夢や希望を与えていますよね。

その背景にはたゆまぬ努力や人柄があることは間違いないですね。

だからこそ、丁寧に1つずつの動作を確認したりすることができると言えるでしょう。

それは血液型が大きく影響していると言え、他の血液型にはあまり見られないものですよね。

人を動かすよりもまずは自分がやる

B型は悪く言われると自己中心的と言われがちです。

逆に言うと”自分がなんとかする”と言えるでしょう。

高校時代、花巻東高校で結果を出していた背景には「自分が先頭に立って行動する」という模範者になろうとしていたこともあります。

自分が動くことで周りが付いてくるという”リーダーシップ”を兼ね備えた選手であることも間違いないですね。

多様性を受け入れる器を持っている

メジャーリーグには様々な選手がいます。

その中で、みんなにこれほどまでに愛されている選手はなかなかいません。

何故愛されているかを考えた時に、様々なことに気づくことができる才能があり、それをすぐに行動に移すことができるからではないでしょうか。

大谷翔平選手の特徴でもあり、1つの武器ともいえる性格でしょう。




まとめ

大谷翔平選手の血液型はB型です!

今回は、そのB型の性格から見えてくる大谷翔平選手についてまとめてみました!

打者としてのチャンスや、投手としてのピンチに強い姿に惚れ惚れする方も多いですが、B型の典型的な強みを兼ね備えていると言えるでしょう。

これからも大谷翔平選手の活躍から目が離せませんね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

大谷翔平グッズおすすめを紹介!MVP記念グッズも! メジャーリーグでMVPを獲得した大谷翔平選手!世界的スターへと駆け上がった日本人スターはアメリカでも大人気です。 そんな大...