サッカー

アーセナルMFスミス・ロウの年俸・経歴・プレースタイルを調査!

今年もサッカー界では続々と若き新スターたちが出現していますね!欧州や南米の選手たちはとくに次々とスター選手が現れるので日本のサッカーファンとしてはうらやましい限りです。

その中でも今回はアーセナルに所属しているイングランド代表MFのエミール・スミス・ロウ選手について詳しく見てみたいと思います。

すでにイングランドA代表にも召集されており、所属チームのアーセナルでも出場機会が増えてきて出場した試合ではしっかり結果も残しているので今後ビッグネームになりそうな期待大ですね。

それでは早速見ていきましょう!

冨安健洋のアーセナルでの年俸は?年俸推移と同僚との比較を調査!イングランドプレミアリーグの名門アーセナルに所属する日本代表DF冨安健洋選手の快進撃が止まらない! 冨安選手は2021年8月31日...
【アーセナル】ミケル・アルテタ監督の経歴、グアルディオラとの関係は!?日本代表DF冨安健洋選手も所属するイングランドプレミアリーグ、アーセナルの監督であるミケル・アルテタってどんな人物なのでしょうか? ...

スミス・ロウのプロフィール

  • 国籍:イングランド
  • 生年月日:2000年7月28日(21歳)
  • 体格:182cm、79kg
  • 在籍チーム:アーセナル
  • ポジション:MF
  • 背番号:10
  • 利き足:右




スミス・ロウの経歴

アーセナル(~2019)

スミス・ロウ選手は下部組織時代から現在の所属チームであるアーセナルで過ごしています。

10代のころからその才能は認められていて、17歳のときに初めてトップチームに帯同しています。

公式戦では2018年9月20日に行われたUEFAヨーロッパリーグ・グループリーグのFCヴォルスクラ・ポルタヴァ戦で途中投入され、プロ初出場を記録しました。

2018年10月4日には同じくヨーロッパリーグのカラバフFK戦で18歳にして初得点をあげ、2000年以降生まれの選手としてはクラブ史上初の得点となりました。

また、アレックス・オックスレイド=チェンバレンのクラブ史上最年少ゴール記録も塗り替えました

RBライプツィヒ(2019.1~2019.6)

2019年1月31日に半年の契約でRBライプツィヒに期限付き移籍をしています。しかし期限付き移籍が決まった後に鼠蹊部の怪我が完治していない事がわかり、わずか3試合の出場に終わりました。

4月13日のブンデスリーガ・VfLヴォルフスブルク戦で途中出場し、ドイツ初出場を果たしました。

また、このときのブンデスリーガ初出場がトップリーグの初出場にもなりました。プレミアのイメージの強いスミス・ロウ選手ですが、トップリーグ初デビューはブンデスなのは意外でしたね!

アーセナル(2019.7~)

ライプツィヒから復帰したロウ選手は2019年12月16日のプレミアリーグ・マンチェスター・シティFC戦でメスト・エジルに代わって投入されてプレミアリーグ初出場を果たしました。

その後はやはりアーセナルではまだ安定して試合に出場することが難しく、チャンピオンシップのハダースフィールド・タウンFCにシーズン終了までローン移籍することになります。

2019-2020シーズンの冬の移籍市場で加入したハダースフィールド・タウンFCでは19試合に出場して2得点を挙げています。

2020-2021シーズンは再びアーセナルに復帰して、2021年5月9日プレミアリーグのWBA戦でブカヨ・サカのクロスに飛び込みダイレクトボレーで合わせプレミアリーグ初得点を決めました

そして、2021-2022シーズンでは生え抜きであることやその才能と将来性に大きな期待を込めて10番が与えられました

代表歴

アンダー世代から各年代の代表に選出されて活躍してきたスミス・ロウ選手ですが、A代表には2021年11月8日に追加で初招集されました。

11月12日のアルバニア戦でA代表デビューを果たすと、11月15日の2022W杯欧州予選グループステージのサンマリノ戦でイングランドA代表での初先発・初ゴールを決めました。




スミス・ロウの年俸

 

ピエール=エメリク・オーバメヤン(FW) 19億7300万円
トーマス・パーテイ(MF) 15億7900万円
アレクサンドル・ラカゼット 14億3700万円
ニコラ・ペペ(FW) 11億500万円
ベン・ホワイト(DF) 9億4700万円
キーラン・ティアニー(DF) 8億6800万円
ベルント・レノ(GK)、セアド・コラシナツ(DF)、グラニト・ジャカ(MF) 7億8900万円
ガブリエウ・マルティネッリ(FW) 7億1000万円
パブロ・マリ(DF) 6億7100万円
10 マルティン・ウーデゴール(MF) 6億2300万円
11 セドリック・ソアレス(DF) 5億9200万円
12 アーロン・ラムズデール(GK) 4億9700万円
13 冨安健洋(DF) 4億5000万円
14 アルベール・サンビ・ロコンガ(MF) 4億1800万円
15 モハメド・エルネニー(MF) 4億1400万円
16 エインズリー・メイトランド=ナイルズ(MF) 4億1100万円
17 カラム・チャンバース(DF)、ガブリエウ(DF) 3億9500万円
18 エディ・エンケティア(FW) 3億5500万円
19 ロブ・ホールディング(DF) 3億1600万円
20 ブカヨ・サカ(MF) 2億3700万円
21 ヌーノ・タバレス(DF) 2億1300万円
22 エミール・スミス・ロウ(MF) 1億5800万円

スミス・ロウ選手は生え抜き選手であり、18歳のときに結んだ5年契約の途中であることから年俸は低めのようです。

感覚が麻痺しそうですが、18歳でこの年俸と考えると非常に高額ではありますよね!

このまま順調に活躍できれば生え抜きであり10番を与えるほどの期待株ですから、次の更新ではかなり高額年俸になるのではないかと予想されています。




スミス・ロウのプレースタイル

スミス・ロウ選手はアーセナルではnextエジルと言われたり、マンチェスター・シティのケビン・デブルイネ選手とプレースタイルが似ていると言われています。

どちらも時代を代表するMFですね。そんな彼らと似ていると言われるスミス・ロウ選手もかなり期待されていることが分かります。

プレースタイルとしては味方と連携しながら崩していくのが得意なタイプです。

若手にありがちな1人よがりなプレーはなく、シンプルに繋いで連携を取れる選手です。それでいて足元やフィジカルも強くキープ力にも定評があります。

得点力もかなり高いので1.5列目向きな選手といえます。年齢的にも今後さらに成長することを考えるとものすごい選手になりそうですね!




まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はイングランド代表とアーセナルの希望ともいえるエミール・スミス・ロウ選手についてまとめてみました。

スミス・ロウ選手に限らず現在のアーセナルは非常に若いチームで主力の若手たちが順調に成長したらとんでもないチームになりそうで楽しみですね!

その中に我らが冨安健洋選手もいることが日本人としては誇らしいです!この20代前半のメンバーたちが全員在籍したままアーセナルの黄金期を築いてほしいものです!

それではさいごまでお読みいただきありがとうございました。

アーセナルDFベンホワイトの年俸・経歴・プレースタイルを調査! 2021-2022シーズンからアーセナルへ即戦力と期待されて加入したベン・ホワイト選手。期待通りすぐにレギュラーに定着すると現在...
関連記事